So-net無料ブログ作成
検索選択

窯が完成!! [活動報告]

猫田さんとおかさかさんで今日窯の初火入れをいたしました
すごい窯!ねこた窯です

nekotagama.jpeg

オオタカ焼きます [活動報告]

5月6日はどんど祭り。
松枯れ病になったアカマツを燃やして、シンボルのオオタカの陶器づくりをします。(福田藍先生作)
こちらで焼けた、オオタカは販売いたします!!
なっなっなんと・・・1000円!収益の一部は「ヤマザクラとオオタカの森づくり」に活用します。
予約絶賛受付中です!
nnnet※mbox.kyoto-inet.or.jpまでご連絡ください。(※を@に置き換え)

rs_P4305604.jpg

白い花々 [活動報告]

4月29日(土)晴れ。先週はヤマザクラ、ウワミズザクラの花が満開であったが、見回るとベースキャンプの周辺には、クロバイ、アオダモ、コバノガマズミ、ヘビイチゴなど、目立たないけれどたくさんの白い花々が咲いていることに気づいた。今後きちんとした樹名札をつくりたいが、注意喚起のために、とりあえず名札を付けておく。間伐をして明るい森をつくると花が増え、虫が増え、鳥が増える。
小学校の里山の庭も芽吹いてきた。ニュータウンにも白い花々が咲きそろう日は来るか。
rs_RIMG9953.jpg
rs_RIMG9954.jpg
rs_RIMG9955.jpg
rs_RIMG9958.jpg
rs_RIMG9961.jpg
rs_RIMG9963.jpg
rs_RIMG9969.jpg
rs_RIMG9977.jpg
rs_RIMG9978.jpg
rs_RIMG9980.jpg
rs_RIMG9981.jpg
rs_RIMG9989.jpg
rs_RIMG9990.jpg
rs_RIMG9994.jpg

ヤマザクラ満開 [活動報告]

4月23日(日)晴れ。サクラとタケノコを楽しむ集まり。ヤマザクラの満開。ウワミズザクラもそこここに咲く。山奥の誰も知らない鹿背山ザクラを探して森の中へ。尾根に斜面に谷間に咲くサクラをつなぐルートができた。
rs_RIMG9838.jpg
rs_RIMG9841.jpg
rs_RIMG9846.jpg
rs_RIMG9852.jpg
rs_RIMG9853.jpg
rs_RIMG9856.jpg
rs_RIMG9858.jpg
rs_RIMG9893.jpg
rs_RIMG9894.jpg
rs_RIMG9906.jpg
rs_RIMG9909.jpg
間伐をすれば生駒山が良く見えるポイント。
rs_RIMG9916.jpg
近藤さんが鹿背山の土をブレンドした陶器を持ってきた。鹿背山の土は白いのが特徴だという。
rs_RIMG9930.jpg
rs_RIMG9931.jpg
里山ガーデンにイチゴを植える。
rs_RIMG9937.jpg
rs_RIMG9940.jpg

丸太運びと庭づくり [活動報告]

4月2日(日)晴れ。冬が終わり、暖かな最高の日より。枯れ松を伐採し、丸太を運ぶ。丸太を抱えて斜面を歩く。助っ人3人を使いまくる。里山ガーデンでは池のまわりの伐採木の片付け。心を込めて、地の形を活かした美しい庭をつくっている。
rs_RIMG9623.jpg
rs_RIMG9624.jpg
rs_RIMG9632.jpg
rs_RIMG9635.jpg
rs_RIMG9640.jpg
rs_RIMG9643.jpg
rs_RIMG9648.jpg

夏原グラントの公開プレゼンテーション [活動報告]

3月20日(月・祝)。2016年度の絵本づくりを助成していただいた夏原グラント(公益財団法人平和堂財団)にご報告と次年度以降の活動計画をプレゼンテーションしました。
「21世紀の『鹿背山(かせやま)ものがたり』をつくろう~里山と都市の好循環を目指して」
3年間のアート・ワークショップで3部作の絵本をつくろうという計画です。
rs_RIMG9545.jpg
こどもたちと里山でワークショップをしながら作品をつくり、それを絵本にします。
テーマは、「第1部(2016年度)植物や動物との出会いの驚き、第2部(2017年度)里山の風景をめぐる楽しさ、第3部(2018年度)里山の資源を街に移し、街の人々が里山の手入れをするという循環(ふるさとづくり百年の夢)を描く。」
審査委員の先生方とは、本質的な問題が議論でき、短いけれど充実した時間でした。
k02.jpg
k03.jpg
k04.jpg
k05.jpg
k06.jpg
k07.jpg
k08.jpg
k09.jpg
k10.jpg
k11.jpg
k13.jpg

こどもたちの手紙 [活動報告]

2月21日に城山台小学校3年生のみなさんと里山の庭の橋づくりをしました。
その時の感想文です。
土、石、草木で自然をつくる楽しさを味わってくれたでしょうか?
里山を観察し、環境再生をデザインし、みんなで工事する。庭づくりは優れた教育だと思います。
CCI_000003.jpg
CCI_000003b.jpg
CCI_000004.jpg
CCI_000004b.jpg
CCI_000005.jpg
CCI_000005b.jpg
CCI_000007.jpg
CCI_000007b.jpg
CCI_000008.jpg
CCI_000008b.jpg

里山フルーツガーデン [活動報告]

3月19日(日)晴れ。里山フルーツガーデンの園路づくり。自然地形を生かすのが庭づくりの基本。絵になる木は伐らずに残した。グリーハウス大塚の庭ごころ。
これが里山経営の新しいステージの始まりになるかも。
rs_RIMG9464.jpg
rs_RIMG9471.jpg
rs_RIMG9472.jpg
rs_RIMG9480b.jpg
rs_RIMG9483.jpg
rs_RIMG9487.jpg
rs_RIMG9492.jpg
rs_RIMG9493.jpg
rs_RIMG9499.jpg
rs_RIMG9500.jpg
rs_RIMG9503.jpg
rs_RIMG9508.jpg
rs_RIMG9513.jpg
rs_RIMG9517.jpg
rs_RIMG9523.jpg
rs_RIMG9526.jpg
rs_RIMG9528.jpg

里山学校閉会式 [活動報告]

3月12日(日)晴れ。木津川市主催の「里山学校」1年間の締めくくりに閉校式。来年度も開催するそうだ。
rs_RIMG9268.jpg
rs_RIMG9270.jpg
rs_RIMG9287.jpg
rs_RIMG9288.jpg
rs_RIMG9310.jpg
rs_RIMG9328.jpg
rs_RIMG9343.jpg
rs_RIMG9345.jpg
rs_RIMG9346.jpg
rs_RIMG9348.jpg
rs_RIMG9350.jpg
rs_RIMG9351.jpg
rs_RIMG9352.jpg